社員インタビューMEMBER INTERVIEW

case number#05

プラットフォーム事業部マネージャーY.Kさん

メンバー全員が活躍できる体制を目指したい!

プラットフォーム事業部のマネージャーに8つの質問!

INTERVIEW

1プラットフォーム事業部の成長が感じられるように簡単に紹介してください。

基幹サービスの売上推移です。2016年から17年にかけて急成長を遂げ、19年は昨対比で約1.5倍に成長しました。20年現在も成長を続けてます。

2プラットフォーム事業部のサービスについてそれぞれ特徴を教えてください。

基幹サービスの”メディアレーダー”は、広告業従事者向けのオンラインプラットフォームです。
あらゆる広告媒体のメディアガイド(媒体資料)を集めていて、企業の宣伝担当者や広告代理店向けに情報を無料でダウンロードできる場を提供しています。
いわゆるマッチングビジネスをイメージしたビジネスモデルになっていて、
媒体資料を掲載している企業に対して、ダウンロードしている利用者を見込顧客として情報提供することで収益を得ています。

事業部では同じマッチングビジネスの枠組みを用いて、様々なフィールドで横展開をしています。
訪日インバウンド対策サービスの資料に特化した”インバウンドレーダー”や、クラウドサービスの情報を集めた”クラウドレーダー”、一般消費者を対象にした遊びの予約サイト”Weekle”などをローンチしており、段階を踏んでセールスに注力していく計画です。

3入社時から現在にかけて担当した職務やその時意識していたことを教えてください。

4年間ファストファッションの販売員をしていて、未経験から入社しました。

スタートは広告営業の部署のセールスアシスタントで、自社メディアの運営を中心に、商品の梱包・発送作業から営業担当者の提案資料やレポートの作成、インフルエンサーのアサインなど、業務は何でもやりました。20代後半で初めて会社員に転身した事情もあり、当時は自分の居場所を作るのに必死でした。

数年経ってから広告営業に転向し、広告代理店やコスメ・スキンケアメーカーなどの広告主を中心にセールスを担当しました。
当時は、ひたすらブランディング領域の自社媒体を売り込んでいました。最初はなかなか成績が振るいませんでしたが、地道に引き出しを増やしてプランの幅を広げていって、提案型営業を意識できるようになってからは成果が伴うようになりました。

その後、SEMディレクターになり、短期間でしたがメディアディレクションを経験してから、現在のプラットフォーム事業部の前身である社長室に移っています。当時は社長ともう一人社員がいるだけの小所帯で、メディアレーダーの新規顧客開拓に奔走していました。
事業部の人数が増えてからはメールマーケティングやSEOにもタッチして売上改善や集客強化に携わり、現在のポストに至ります。

4Y.Kさんの相棒を紹介してください!

2018年に新卒入社し、2年目にしてディビジョンリーダーに昇格したR.K 君です。
主体性があってロジカルで地頭が良く、毎日舌を巻いています。
仕事ではいつも助けられてばかりです。
溢れ出るバイタリティと行動力は自分も見習いたいと思っています。

忘年会の時のチームメンバーとの写真も紹介しておきます!

5アイズに入社してから現在までで、特に印象に残ってる思い出を教えてください!

ひとつに絞れないですが、印象に残っている出来事の大概は失敗やトラブルの思い出です。
色々と大変な思いをして、会社にも沢山迷惑をかけましたが、マイナスのままで終わらせず自己成長の糧に出来たことは多いと思います。

6アイズの福利厚生で導入されてうれしかった制度、Best3を教えてください。

(1)1/4休暇や半休など、柔軟で採りやすい”有給休暇制度”
(2)お世話になった人にカニとか送れる”年末年始の贈り物制度”
(3)長期勤続に嬉しい”5年勤続手当”

7プラットフォーム事業部のマネージャーとして今後の意気込みを聞かせてください。

短期間に急成長した部署ですが、今の時点では10名以下の小さなチームにキャリアの若いメンバーが集中している環境なので、チーム管理とメンバーのスキルアップをサポートして、事業部の成長を加速させることが重要だと思っています。トップダウンとボトムアップの良いとこ取りを模索して、メンバー全員が活躍できる体制を目指したいです。また、自分自身もプロジェクトマネージャーとしてのスキルを磨く必要があると感じています。

8最後に就活生に一言お願いします。

間口の広さと忍耐力が大切だと思います。立ち続けていれば大なり小なりチャンスが巡ってくるので、自分で得意不得意のレッテルを貼って行動を制約したり、モチベーションに波を作ってしまって機会を逃すのは勿体ないと思います。

他人からの誉め言葉だけを心に留める!
自己反省と改善意識を大切にして、気づく力を鈍らせないように気を付けていけば、自然と回っていくような気がします。

一日の過ごし方TIME SCHEDULE

10:00

メール・Slackチェック/ライターの勤務管理

出社してすぐ、部署宛と自分宛のメール・Slackをチェックして返信を行います。アルバイトやインターンのライターさんも出社してくるので、並行して勤務管理を行います。

11:00

タスク管理と業務進行

サービスの管理画面、Analytics、チェックツールを確認して、タスクの洗い出しと対応の優先順位付けをして、業務に取り掛かります。

14:00

ランチ

お昼の時間帯はお店が混むので、ピークタイムを外して食べるようにしています。

16:00

突発案件の対応

経営陣からのタスクを受けて対応したり、他のメンバーの業務相談に乗ったりしています。

18:00

SEO業務

業務を切り替えて、夕方からはライターさんが書いた記事の校正・校閲とリリースに時間を割くように心掛けています。

after 19:00~

同郷の友人達と合流して飲み

小中高を一緒に過ごした同年代が沢山いるので、子どもの頃から知っている知人の近況を聞いて励みにしています。

Y.Kさんについて教えてください!

「心強い上司」

些細な相談でも丁寧に答えてくださります。私が気づかない細かいことまでアドバイスしてくださるので、いつも心強いなと思っています。ミステリアスな雰囲気がありますが笑、笑顔がとっても素敵な方です!!

プラットフォーム事業部 : H.Sさん

社員インタビューMEMBER